ある脱サラリーマンの失敗から学んだこと

こんにちは、風子(ふうこ)です。

何年か前のお話になるのですが、あるお店で立ち上げスタッフとして月に何度かパートをしていたことがあります。

そのお店のオーナーは40代の男性で脱サラをしてそのお店をはじめたのですが、残念なことに2年で廃業となってしまいました。

 

オーナーはそのお店と同じ業界の会社で経理の仕事に就いていたそうです。長年仕事をしていく中で「自分でやったら儲かりそうだな...」とだんだんと考えるようになり、脱サラをしてそのお店を無借金ではじめたとのことでした。

 

オーナーはお店のオープン当初より、お店の立地や最寄り駅の乗降者数から集客にたいそう自信あり気な様子で、広告等での宣伝に力を入れていませんでした。広告費にそれほどお金をかけなくても、自然と来客があると見込んでいたようです。経理の仕事を長年して来たということは、彼はあまりそういったことに詳しくなかったのかも知れません。

 

さらに、オープン当初より売り上げがそれほど上がっていないにも関わらず、これといった対処をしようともせず、オーナーは脱サラ気分が抜けずに毎日満面の笑みで日中はどこでなにをしているのかわからない状況でした。

 

そんな状況が何ヶ月もの間続き、先行きに不安を感じたスタッフが次から次へと辞めていきました。それでも、オーナーはこれといってなにもしようとせず、「そのうち来るさぁ~」といった呑気な様子でした。なんとなくですが、彼の考えとしては広告費にお金をかけるのが嫌そうな感じでした。

 

そして、次第に従業員へのお給料が遅れはじめたころ、業界歴の長いスタッフの一人がしびれを切らし、オーナーへ大手広告会社を使いネットでの集客に力を入れることを提案しました。そこからは徐々にお客様が増えはじめたのですが、そのころには時すでに遅し...の状態だったようで、ちょうどリピーター客が増えはじめたころに資金がショートしてしまい、お店は閉店となってしまいました。

 

オーナーは脱サラをするために蓄えたお金が1000万ほどあったとの噂ですが、それも2年ですっかりなくなってしまい、彼はなんて哀れなことでしょうと私は思いました。

 

スポンサーリンク
 

「安易に動いて、すぐに失敗」だけは避けましょう

私は現在、今後の自分の仕事のことで2名の知人に何かあると相談をしている状況です。二人ともとても優しい方なのですが、それでも「安易な考えは捨てるように」「もっとシビアに物事を考えるように」「焦らずに冷静に行きましょう」との言葉をいつも連発されています。

 

立ち上げスタッフとして働いていた業種とはまったく違う分野の仕事になりますが、「どこでやるのか」については非常に重要であると感じています。相談している二人の口から厳しい言葉が出るのは決まって「場所はどこでやるのか」についての話題になったときなのです。このことを事前によくリサーチし、冷静に判断をしなければならないと思っています。

 

先日、私がやろうとしている仕事を昨年はじめた女性にお会いする機会があったのですが、彼女は事前に別な会社で有料のコンサルティングを受けていて、やはり先生から同じようなことを言われていたようです。そして、その先生がGOサインを出した場所で仕事をはじめたところ、順調にうまく行っているそうです。

 

ということで、私も二名の先生と呼べる方が見つかり(しかも、ほぼ無料)、集客については5年ほど前から勉強を続けて来まして、あとは場所だけなのですがそれが本当に難しいのですよね...。

先生が言うには「競合のいるエリアでやるのがいい、そこに需要がある」「競合よりも少しだけ安くして、クオリティを上げれば勝てるよ」とのことでした。

 

先のオーナーの話に戻りますが、そのお店をその場所でオープンさせた理由に「近隣に競合がいないから」という考えがあったようで、そのため、はじめから広告宣伝費をかけずにいたのかなぁと私は思いました。先生の考えでは「その場所には競合がいないのではなく、需要がない」ということになるのだそうです。


私の友達も何人かこのブログを読んでくれていて、心配しているかも知れませんので書いておきますが、私は常に自分の頭の悪さを認識するようにしています。よって、これ以後もリサーチを重ね、現地を確認し、成功者の意見に耳を傾け、周りの意見を参考にし、先生からのOKサインが出て「これは大丈夫だな!」という状況になりましたら、本格的に動き出そうと思っています。


限られた資金の中でなにかをはじめるとなると大変なこともありますが、それでも、婚活で素敵な男性を見つけるよりは簡単なのかも知れませんね!?

「安易に動いて、すぐに失敗」という結果だけは婚活も仕事も避けるようにしたいと考えています。中年ですので、これ以上の失敗は許されませんからね!

あなたにとてもオススメの耳寄り情報

たくさんの女性のLINEをお金をかげずにGETしたいならハッピーメール


僕は今現在28歳なのですが、僕が高校生のときからハッピーメールはとても有名であり、人気のサイトでした。

今ではスマホのアプリとなりましたが、今現在も人気を誇るアプリです。

出会い系の中では最大手のハッピーメールは確実に出会えます。

これは私が保証します。

他のたくさんの出会い系業者が増えてきた中でも、10年以上長く運営を継続できているのもハッピーメールには「確実に出会える」という信頼があるからです。

僕自身、利用して5年がたちますが未だに新規の女性と出会えてますし、ヤれてます(笑)

ハッピーメールに無料登録する

 

真剣な恋愛をしたいならウェブコン(中高年向け)

今婚活業界で大注目されている「仲人」制度。

「楽である」、この点が中高年の時間がなく忙しい人にとても人気が高いポイントです。

ただしその分、普通の結婚相談所よりも費用は1.5倍程度高くなります。

だけれども、男女とも真剣な交際を望んでいる人が多いので中高年の方にはとてもおすすめです。

ウェブコンの詳細を見てみる

関連記事

関連記事がありません。