起こったことからラッキーを得られる出来事が続いています

こんばんは、風子(ふうこ)です。

昨日の記事の続きは、時間の関係でまた後日にしたいと思います。

先日の女性医師の態度に不信感を覚え、その大学病院について色々と調べていました。

そうしたところ、その病院で昨年、同じ病気で手術を受けた女性のブログが出て来まして、このタイミングでとてもラッキーな情報を得ることができました。

 

その病院では、子宮筋腫の手術の際、術後の痛みを和らげる硬膜外麻酔を原則使わないということで、術後激痛でのたうちまわったということが書かれていました。

 

これは今から手術を受ける者にとってはとても素晴らしい情報なんです!

硬膜外麻酔を使用しないとなると術後にどれだけの激痛を味わうか...ということの恐ろしさは調べると沢山出てきますので、あえてここでは書きません。以下のリンク先でもよく理解できると思います↓

子宮筋腫で開腹手術をします : 心や体の悩み : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

今回、絶好のタイミングでこのことを知ることができて本当によかったです!そして、このことを知らずにその大学病院の方針に従って手術を受けていたらと思うと、ホントに恐ろしすぎる...。

 

手術を受ける際に確認しておくべきこと

私は約10年前に似たような手術を受けたことがあるのですが、そのときは大きな手術であったにも関わらず、完全無痛で終わりました。つまり、その手術では最初から最後まで一度も痛い思いを経験することなく終わったのです。

 

今回も痛みについてはできれば前回と同じように無痛であってほしいと考えていましたので、病院選びも大事ですが、その病院では自分の手術の際にどんな麻酔を使うのかについて医師や麻酔科医に確認をすることが非常に重要であることがわかりました。

 

大学病院だから設備も万全で痛い思いをしないだろうではなく、その病院ごとの方針というものがあることを知り、大変勉強になりました。

※ただし、硬膜外麻酔の使用を希望すれば対応していただける病院がほとんどのようです。要はこういったことを知っているかどうかが盲点になると思います。

 

そういう意味では、昨日の女性医師に醜い態度をされてよかったということになります。そんなことでもなければ、私はこの大学病院での手術について調べることはなかったでしょうし、私の人生はいつもこのような感じで起きた出来事からラッキーを得られることが多いと感じています。

 

そんなこんなで、昨日から以前にも増して調べ事ばかりしておりまして、病院選びについては自分なりに納得のいく答えが出せそうな予感がしています。

あなたにとてもオススメの耳寄り情報

たくさんの女性のLINEをお金をかげずにGETしたいならハッピーメール


僕は今現在28歳なのですが、僕が高校生のときからハッピーメールはとても有名であり、人気のサイトでした。

今ではスマホのアプリとなりましたが、今現在も人気を誇るアプリです。

出会い系の中では最大手のハッピーメールは確実に出会えます。

これは私が保証します。

他のたくさんの出会い系業者が増えてきた中でも、10年以上長く運営を継続できているのもハッピーメールには「確実に出会える」という信頼があるからです。

僕自身、利用して5年がたちますが未だに新規の女性と出会えてますし、ヤれてます(笑)

ハッピーメールに無料登録する

 

真剣な恋愛をしたいならウェブコン(中高年向け)

今婚活業界で大注目されている「仲人」制度。

「楽である」、この点が中高年の時間がなく忙しい人にとても人気が高いポイントです。

ただしその分、普通の結婚相談所よりも費用は1.5倍程度高くなります。

だけれども、男女とも真剣な交際を望んでいる人が多いので中高年の方にはとてもおすすめです。

ウェブコンの詳細を見てみる

関連記事

NO IMAGE

医者の態度に不快な思いをしたけれど、ほかによい方法がありました

NO IMAGE

婚活を再開することを考えるだけでも辛い私です

NO IMAGE

お人柄の素晴らしい婦人科の名医に出会うことができました

NO IMAGE

『たら・れば』の日々を繰り返して来た私です

NO IMAGE

会社である男性よりお食事のお誘いが...その①

NO IMAGE

元カレが私のことを『たくましい』と思っているようです