嫉妬をやめれば、本来の自分を取り戻せて、自分に自信が持てるよ

こんにちは。上村です。

恋愛に悩む人が、こんなことを言う場合があります。

「相手のことが本当に好きかどうか、わからなくなった」
と。

あまりに悩みすぎて、
「いったいここまで悩むほど、相手はそんなに素敵な人なのか?」
と疑問を持ってしまうのです。

「この人でないとダメ」という理由が、自分でもよくわからない。

ここまでくると、相手がどうというよりも、「恋愛のための恋愛」になっています。

人に恋するというより、「恋に恋する」みたいな感じ。


人間関係でもありますね。

「人脈を作るんだ」
と頑張る。

それはいいのですが、知り合いの数は多くなっても、あまり心通じ合う相手がいなかったりとかもあります。

「恋愛ための恋愛」「人間関係のための人間関係」
になってしまっているのです。


例えば、こんなことを考えてみましょう。

友人に恋人がいて羨ましく思う。

それがきっかけで、「自分も早く恋人を見つけるぞ」と、相手を見つけようとします。

でも、それは自分の本心でしょうか?

単に「恋人がいる」と言いたいだけなら、あまり意味はないですね。

誰しも、自分のペースがあり、必要なものも違います。

自分が本当に必要と思うならいいのです。

でも、いる人を羨ましがって求めるなら、それは本当に自分にとって必要なものではないかもしれません。

「友人が恋人を作ったから自分も」
というのは、動機が自分を苦しめるだけになっているかもしれない。

嫉妬している時というのは、たいてい自分を見失っています。

自信と嫉妬は無縁だからです。

もちろん人間ですから、完璧というわけにはいかないでしょう。

しかし、自分を偽るようなことはしない方がいいと思うのですね。

別に誰が恋愛をしようが恋人を作ろうがいいではありませんか。

そんなことをいちいち羨ましがっていたら、自分を見失ってしまいます。

自分の人生ですから、他人との比較で自分を決めるのではなく、自分自身が自分を決めていくことが大切です。

しっかり、自分の「本心」を見つめていきたいですね。

そうすれば、素朴な気持ちが取り戻せるので、それにつれて、きっと悩み事も消えていくでしょう。


・今回のまとめ

比較をやめて、自分の本心に忠実になっていく。

それが自信を持つ秘訣です。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

あなたにとてもオススメの耳寄り情報

たくさんの女性のLINEをお金をかげずにGETしたいならハッピーメール


僕は今現在28歳なのですが、僕が高校生のときからハッピーメールはとても有名であり、人気のサイトでした。

今ではスマホのアプリとなりましたが、今現在も人気を誇るアプリです。

出会い系の中では最大手のハッピーメールは確実に出会えます。

これは私が保証します。

他のたくさんの出会い系業者が増えてきた中でも、10年以上長く運営を継続できているのもハッピーメールには「確実に出会える」という信頼があるからです。

僕自身、利用して5年がたちますが未だに新規の女性と出会えてますし、ヤれてます(笑)

ハッピーメールに無料登録する

 

真剣な恋愛をしたいならウェブコン(中高年向け)

今婚活業界で大注目されている「仲人」制度。

「楽である」、この点が中高年の時間がなく忙しい人にとても人気が高いポイントです。

ただしその分、普通の結婚相談所よりも費用は1.5倍程度高くなります。

だけれども、男女とも真剣な交際を望んでいる人が多いので中高年の方にはとてもおすすめです。

ウェブコンの詳細を見てみる

関連記事

NO IMAGE

誰かを羨ましがるのではなく、自分の歩みを大切に

NO IMAGE

「自分を見つめる」とは、今の自分に安住するのではなく、「今の自分に挑戦する決意を...

NO IMAGE

あなたに劣等感や嫉妬心があるなら、それを振り払った時、誰よりもさわやかになれるよ

NO IMAGE

嫌われてもどうってことはないが、自分の長所を発揮できなくなったら問題

NO IMAGE

あなたの価値は、あなたが「何を持っているか」で決まるのではなく、あなたが「何を目...

NO IMAGE

無駄な抵抗をやめて正直になれば、きっとうまくいくという話