熟年で離婚した一人暮らしの生活費はどのくらいあれば大丈夫?

 

熟年離婚をすると、一番心配なことが独り暮らしの生活費のことですよね。

 

一人暮らしの生活費はどのくらいあれば余裕をもって生活できるのでしょうか。

 

精神的にも、老後、一人暮らしをすることはかなりの覚悟が必要です。

 

もし、熟年離婚をこれからしようと考えている人は、

 

生活のめどをたててからでも遅くはありません。

 

と、言うよりも生活していけるだけの準備をしていかないと大変なことになります。

 

 

熟年離婚によって生活がどう変わる?

 

f:id:navimy:20180619232955j:plain

熟年離婚をすると生活はどのように変化するのでしょうか。

 

夫がまじめで家に生活面できちっとしている人でしょうか。

 

それともギャンブルで借金を抱えている人でしょうか。

 

借金を抱えて、あなたが働いても働いても借金が減らないような人だったら、

 

そのまま一緒にいることはつらいことかもしれません。

 

でも、生活費を家にきちっと入れていている人だったら?

 

もしかしたら離婚しない選択をするほうが良い場合も!

 

 今現在、お金の心配はないのでしたら他は目をつむることも考えて離婚はやめてみるほうが良い場合もあります。

 

よくよく考えると熟年離婚は避けるほうが良いかもしれないですね。

 

家庭内別居や、完全別居でも良いので籍を外すと色々と支障が出てきます。

 

 

ただし、愛情もない夫と一緒にいても経済的に何の得もなければ一緒に結婚生活を継続する意味もないですが。

 

 

貯金がなく、財産分与も何もないなら、生活費にかなり困ることになります。

 

熟年離婚の場合の財産分与

 

熟年離婚とは、20年以上連れ添った夫婦が離婚することを言います。

 

その財産は長年築いた二人の財産があることが一般的です。

 

そのため、配偶者に財産分与を求めることができます。金銭的にある程度の財産があると気持ちの余裕がでてきます。

 

仕事をしていない人は、できるなら離婚前にフルで働ける職場を探して仕事が決まっていると安心です。

 

ある程度、年齢がいっている人でも介護の仕事や掃除の仕事など、レジ打ちなど働く場所はいろいろあります。

 

 

悲しいかな、熟年で途中入社の場合は職種は限られてしまうんです。

 

何か資格を持っている人なら、その仕事に再度つくことも可能です。

 

パートの仕事をしながら、フリーランサーとしての副業につくこともできます。

 

とりあえず、熟年離婚を考えている場合は、財産分与の件はきちっとしておくと後から困りません。

 

一人暮らしの生活費は?

 

女性の一人暮らしにかかる生活費は節約して15万円ほどかかります。

 

その内訳は、

 

家賃6万円、食費3万円、水道、光熱費1万円、通信費、NHK受信料1万円、交際費1万円、衣類、日用品1万円、保険・貯金2万円で15万円です。

 

ぎりぎりの費用なので、もう少しかかると考えると、15万円では足りないかもしれません。

 

持ち家があるなら、固定資産税と管理費だけでもう少し余裕があるでしょう。

 

 

ある程度の節約をしても費用がかかります。

 

それ以外に、パートだと収入が少ないため、社会保険費用は自分持ちになります。

 

離婚前は、配偶者の社会保険に入り、配偶者の収入で食べていくことができました。

 

でも、一人暮らしだと、すべて自分で支払わなくてはいけなくなります。

 

熟年離婚後の仕事探し

 

熟年離婚後、ある程度落ち着いたら、仕事探しをすることができます。

 

フルで働くなら、社会保険に入ることができるので助かります。

 

仕事は、ハローワークだけでなく、転職サイトや転職エージェントを利用することができます。

 

できたら、離婚前に何か資格を取っておくと、離婚後も自分で教室を開くことも可能です。

 

一人暮らしだと、生計をたてるために仕事をすることは必要になるでしょう。

 

余裕ができたら、自分の楽しみを見つけると生活に彩りが出てきます。

 

それは、音楽を聴くことかもしれません。

 

また、趣味の教室に行くことかもしれません。

 

自分なりの楽しみを見つけて、たとえ節約した生活をしたとしても月1度くらいは外食や景色のいいところにいくなどの楽しみを持ちましょう。

 

まとめ

 

熟年離婚をしようと考えているなら、まず、離婚した後の生活を考えてみてください。

 

月々の支出がどのくらいで、精神的に自立して一人でやっていけるのかなどをまずはシュミレーションしてみてくださいね。

 

色々な点を考慮したうえで熟年離婚をすると決めたならきっと後悔なく残りの人生を送ることができるでしょう。

 

熟年離婚をした後の一人暮らしの生活費は15万円ほどかかります。

 

 

熟年離婚をする場合は、財産分与などをすることで、ある程度、まとまったお金を持っておくと安心です。

 

熟年離婚したいけど生活費を入れている場合はどうする?

あなたにとてもオススメの耳寄り情報

たくさんの女性のLINEをお金をかげずにGETしたいならハッピーメール


僕は今現在28歳なのですが、僕が高校生のときからハッピーメールはとても有名であり、人気のサイトでした。

今ではスマホのアプリとなりましたが、今現在も人気を誇るアプリです。

出会い系の中では最大手のハッピーメールは確実に出会えます。

これは私が保証します。

他のたくさんの出会い系業者が増えてきた中でも、10年以上長く運営を継続できているのもハッピーメールには「確実に出会える」という信頼があるからです。

僕自身、利用して5年がたちますが未だに新規の女性と出会えてますし、ヤれてます(笑)

ハッピーメールに無料登録する

 

真剣な恋愛をしたいならウェブコン(中高年向け)

今婚活業界で大注目されている「仲人」制度。

「楽である」、この点が中高年の時間がなく忙しい人にとても人気が高いポイントです。

ただしその分、普通の結婚相談所よりも費用は1.5倍程度高くなります。

だけれども、男女とも真剣な交際を望んでいる人が多いので中高年の方にはとてもおすすめです。

ウェブコンの詳細を見てみる

関連記事

NO IMAGE

熟年結婚で幸せになるコツとは?再婚で失敗しないためには相手選びも重要

NO IMAGE

女性は結婚したら安泰?

NO IMAGE

離婚したら住む家と住宅ローンはどっちがお得?

NO IMAGE

50代からの熟年世代再婚のメリットとデメリット

NO IMAGE

家庭内別居から離婚するのしないの?

NO IMAGE

離婚後のうつ病を乗り越えるには?