最後の元カレの話…その11




彼と会えない休みは婚活に勤しみました。
度々カップリングして後日デートとなったり、
早めに婚活パーティーの予約を取ってしまったりで、
彼からの誘いを断ることもありました。



「次の日曜日、そっちに行くね。」



(うっ、もう他の男と会う約束しちゃった…)
早川「日曜日…
会いたいけど…疲れてない?大丈夫??
移動するのも疲れるだろうし、
たまにはのんびり過ごしなよ~」



「息抜きに部屋の片付けしようかなって思ってて!」



「その日ディズニーのグッズの発売日で…
どうしても欲しいから朝一で行きたいんだー…。」





こんな言葉のローテーションで、
彼を健気に支えるような優しい感じを出しつつ、
会うのを回避していました。



婚活をしていくと…
婚活パーティーの自称ですから当然信憑性に欠けるのですが、
彼のスペックを凌駕するような、所謂高収入エリート達から沢山アプローチされ、
少しずつ、
「この人と結婚したら、彼とよりももっと豊かな生活を送れるんだろうな…。」
という気持ちが芽生えていきました。
…あ、もちろんそのエリート達の背後数百倍レベルで身の程知らずの馬鹿男達もいます。



彼は家族と思い出作りをしている間に、
彼女が自分より優れた人間と会っているなんて思いもしないだろうな。
妙齢の女…しかも容姿のいい女をほっぽっとくってある程度の信用がないとできないでしょうし。
でも、私はそこまで彼のことを信用しきれてなかったから婚活することにしたわけで。



あ、それだ、
早川、彼のこと信用してないんだな。



これに気が付いてからは早かったです。
その日の夜の電話。



早川「あのさ~
今すごく大変な生活送ってると思うのよ。
毎日遅くまで働いて、遠い実家まで頻繁に帰って泊まって、
自分の家のこと…洗濯とかもしなきゃいけないと思うし、
それでいて私と頻繁に連絡して、
やっと体が空いた日に私と会ったりして。
だからさ、
連絡は気が向いた時でいいし、
会うのも本当に落ち着いた時で大丈夫だよ。
今まで気が付かなくてごめんね。」



遠回しの、
「私達…距離、置きましょう。」
です。



2つのブログランキングに参加中です。
押していただけるととても嬉しいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

あなたにとてもオススメの耳寄り情報

たくさんの女性のLINEをお金をかげずにGETしたいならハッピーメール


僕は今現在28歳なのですが、僕が高校生のときからハッピーメールはとても有名であり、人気のサイトでした。

今ではスマホのアプリとなりましたが、今現在も人気を誇るアプリです。

出会い系の中では最大手のハッピーメールは確実に出会えます。

これは私が保証します。

他のたくさんの出会い系業者が増えてきた中でも、10年以上長く運営を継続できているのもハッピーメールには「確実に出会える」という信頼があるからです。

僕自身、利用して5年がたちますが未だに新規の女性と出会えてますし、ヤれてます(笑)

ハッピーメールに無料登録する

 

真剣な恋愛をしたいならウェブコン(中高年向け)

今婚活業界で大注目されている「仲人」制度。

「楽である」、この点が中高年の時間がなく忙しい人にとても人気が高いポイントです。

ただしその分、普通の結婚相談所よりも費用は1.5倍程度高くなります。

だけれども、男女とも真剣な交際を望んでいる人が多いので中高年の方にはとてもおすすめです。

ウェブコンの詳細を見てみる

関連記事

最後の元カレの話…その12(イライラからの)

NO IMAGE

元ビッチが教える「本命と遊び男を仕分けるリトマス試験ワード」

最後の元カレの話…その7(余命宣告から考えること)

NO IMAGE

結婚式場の営業がナチスの洗脳テクニックを使いまくってくる

NO IMAGE

池袋にあるエキゾチックアニマルのお店「コツメイト」に行ってきた

NO IMAGE

自分のとって不必要なモノや人への執着を手放し、新たな出会いを見つけよう